互、頑、楽

日常をただ適当に(但しミーハー)

全ツイート履歴を取得してみた

Twitterのアカウントは二つ持っていて、一つは仕事関係の人などもフォローし合ってる通称「表アカ」がひとつ。ジャニについてと、怠惰な生活について呟いている「ヲタアカ」がひとつ。今回は「ヲタアカ」の方をTwitter公式に実装されている「全ツイート履歴」でダウンロードしてみました。

過去ログを月ごとに見ることが出来て、私の場合2010年から2015年11月までが閲覧できるようになっています。ツイートの傾向って分かりやすくて、恥ずかしいですね。そのとき何に夢中で、誰を主軸にヲタ活しているのかがよーく分かってとほほでした。ヲタアカを作った時にはすでに嵐と関ジャニ∞の掛け持ちをしていて、初めてのエイトコンが一人遠征できたえーるだったり、京セラの単独カウコンにもしっかり参加していたり、すごい勢いでエイト沼にはまっていたので2010年

しかし2011年に入ると、途端に「関ジュ」という言葉が増えてきます。同時にえびのこともつぶやいているのだけど、基本テンションが凪な感じ。たしかに現場に行き始めたたのが2011年からなので、テンションの高さも納得だけど、こっぱずかしい限り。その後は基本つぶやくのは関ジュのことがほとんどでした。分かりやすいー。あと、テンションの高さでいうと年々落ち着いてきているのは年齢を重ねているせいでしょうかね。元々子どもが嵐を好きになってから、影響を受けてジャニーズ沼に足を踏み入れたので、落ち着くもないも最初から落ち着いていなさいよ……と言う感じなんですが。でにここ2年くらいでリア友がヲタ化していて、その言動を見ては、あぁやっぱり最初ってテンション高いんだなぁとわが身を振り返っております。

あとは、けっこうやりとりしてたフォロワーさんと、ずいぶんお別れしているなぁ、というのも切ないけど事実でした。私は立ち読み放言とか、早売りうp反対派なので(どちらかというと作る側にいるので)、それでお別れした人もけっこういます。嫌ならスルーすればいいのに、と後から言ってる人もいたけど、立ち読み放言や早売りRTは、嫌か好きかとかそういう問題じゃないだろう……と鼻白んだ記憶もありますね。

 

2012年はとにかくツイート数が多い。月のツイート数が2000越えもあって、あらまぁであるんだけども、中心は相変わらず関ジュ。テンション高くて恥ずかしい限り。やっぱり沼にはまりたてはアツいのだな、としみじみ。現場に行った数もそりゃ多かっただろうね、と推測できるツイが多かったです(覚えてなかった)。この年はエイトも全力だし、えびも行ってるしで散財した年ですね。仕事も忙しかったから、余計にツイート数が多かっただろうなぁという感じ。

2013年は1月だけめっちゃ多くて2433ツイート。関ジュの大江戸公演、城ホのあけおめからスタートダッシュ決めた感じですね。ジャニワは滝共公演だけ入ってます。この時期はもうえびから降りて、完全に担当はほぼ関西のみ、G推しでエイトという今の体制に近くなっています。8月、9月のアナザーとか懐かしいですね。日替わり公演があったりして、TL全体がふわふわ浮足だってた記憶です。私は該当担ではなかったにも関わらず、ドキドキしてたのだから、該当担の皆さんのご心労はいかばかりかと…。

2014、2015年は1カ月のツイート数が200行けばいい感じなので、2012~2013年1月の盛り上がりはいったい…という感じですが、この辺からやり取りがLINEになったんだな、という気がします。コンや舞台の感想も基本LINEでボソボソと個別にやり取りしている気がします。体制としては、担当は関西~WEST、G推しがエイト。ここはかわりません。2014年1月のデビュー発表後は意外と少なかったです。そういえば。何を言っても唇が寒い感じだったので、なにわ侍で7人のデビュー! となるまでじっとしていた記憶があります。あの初日は本気で泣きましたね。本人たちも客も涙なみだの公演でした。なつかしいなぁ。自分のこと、子どものこと以外であんなに泣くことはそうそうないだろう…と言うくらい泣いたので(;´Д`)

そんな感じで自分のヲタ活を振り返ってきました。ヲタになったの自体が2007年とかそのくらいなので、浅い歴史ですがなかなか感慨深いものがありました。