互、頑、楽

日常をただ適当に(但しミーハー)

PRODUCE X 101全話完走しました

こちらのブログでも書いていましたが、韓国のアイドルオーディションサバイバル番組「PRODUCE X 101」をアベマTVで観ていました。

ジャニーズへの熱は冷め、SHOCKと関ジャニ∞の現場だけになり(ここまで書いてヤスの舞台をまだ申し込んでなかったことに気づき慌てて申し込んできました)、NGT48の野絵ちゃん推しとして生活しています。そして野絵ちゃんを知った、去年の「PRODUCE48」の最終回で、イ・カウンちゃんのデビューを望んだものの、まさかの脱落で本当に意気消沈したにも関わらず、今年も懲りずに1話からノリノリで見入りましたよね……。最終回辛くなるからやめとけ……と心の神様は一応注意してくれたけど、だめでした。

初回放送で、テコンドー選手として活動していて結果も十分に残してきていて、練習生期間はたったの3カ月というキム・ヨハンくんに目をつけたのですが、私みたいな人が韓国でも多かったのか、高順位をキープし、安心していました。しかし毎話観て行くうちに気になる子がどんどん増えていき、最終回直前にはヨハン、ミニ、スンウ、ジニョク、セジンが好きというDDにもほどがあるカオス状態になってました。それくらい熱中していたのですね……。

最終回、ヨハンはどうやっても脱落しようがないので、安心していましたが、あとは分からずドキドキして放送を見守りました。私の予想だとジニョクは安全圏、たぶん大丈夫枠がスンウ、ミニとセジンは厳しいかなと言う感じでしたが、ふたを開けてみればヨハン、ミニ、スンウが見事デビューを勝ち取り、安全圏だと思っていたジニョク、そして厳しいと分かっていたセジンが脱落しました。ミニは呼ばれた瞬間、テレビの前で変な声が出るほど驚き、もらい泣きしました。いい年して…。スンウ、ジニョクはすでにデビュー経験がある兄貴分だったので、BBAの私が安心して観られる存在だったのに(破たんした理論)。二人ともデビューしてほしかったです。無念。

 

明けて今日、脱落組、デビュー決定組ともに少しずつインスタなどにメッセージがあがっていて、有志のかたが翻訳してくださってるのを読むと、みんないい子たちでBBA涙が出てしまいます。中でもセジンは訳してくださってる方もコメントしてましたが、言葉選びがキレイで、賢い子なんだなと知りました。シーズン2の時のように、残念ながら脱落した子たちで派生ユニットが出来たらうれしいですけど、どうなるでしょうね。

 

あと、日本版プデュ。初めて国民プロデューサーになれて投票できるんですが、ダンスやボーカル、ラップの素養がある子たちがエントリーしているわけではなさそうなので、少し違ったものになるのかなぁと思っています。秋かな? あまり期待し過ぎずに待ちたいと思います。本家のプデュがここまで、チャン・グンソクBoAイ・スンギ、イ・ドンウクと来ているので、国民プロデューサー代表がナイナイって想像できません。

そう、代表です。イ・ドンウクさんにはまった数カ月でもありました。新しいドンウク代表が毎週観られるのが終わってしまって、本当に残念。勢いで買った「トッケビ」のブルーレイを見たり、今録りためているドラマ「真心が届く」を楽しみに観たいと思います。プデュ48の頃契約していた、スカパー!のMnetにまた加入しましたよね……。Mネは月額2400円位+基本料500円弱がかかるので、月々3000円の出費。意外と痛いですね。格安スマホにして浮いた携帯代を充てる感じかな。

正直、韓国は元々政治的な観点から苦手な国なので、正直自分でも躊躇する側面はあるのですが、コンテンツを楽しむのは別問題と思って、新しくデビューするグループは応援していきたいと思います。そういえば、日本版プデュの代表、誰なら納得かなーという話を娘としていたのですが、生田斗真風間俊介あたりだとある程度アイドルのことを理解しつつ、公平な視点で代表をやってくれるんじゃないかという結論になりました。どうでしょう。参加する子たちはジャニーズじゃないので、難しいとは思うんですけどね。というか、すでに決まってるわけだし(笑)。

 つらつらと書いてきましたが、しばらくは再放送や録画を見て、余韻に浸ると思います。

そういえば、またお仕事で東京ドームとは違う球場にお邪魔することになりました。全然野球は関係ない職種です。あードアラに会いたい! ナゴヤドームにお仕事で行きたいです。ジャビットに会えてうれしすぎてドアラ熱再燃したまま止まりません!