読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

互、頑、楽

日常をただ適当に(但しミーハー)

自由業は「自由に使われる」業。あと祝3周年。

最近、ライターになりたい人、ライターになりたての人のブログを立て続けにみました。フリーライターって「フリー」なんですかね。私は20年フリーランスでやってきましたが、実感としては「自由に使われる」業です。設定された納期に向かって、個人的な事情は考慮されずにひたすら作業します。場合によっては勝手に納期が早まったりします。よくあったのは、デザインが遅れてるから、その分ライティングの工程の時間を削らせてくれ、というものでした(先割の場合)。そして作業途中、形になってきたところで「あ、こういうイメージじゃなかった」という発注者も多いのです。相手が編集さんならそれはあまりないのですが、ライティングやエディトリアルがプロじゃない企業や窓口の人が発注者の場合は、「え、そんなの今頃言うの?」という修正というかやり直しを命じられることもあります。ゼロからものを作るのは大変なことで、出来上がっているものに修正を加えるのは素人でも意外とできるものなのです。だから形になったものを見て、私ならこう書くのに……と思うことはできても、お題についてゼロから書いたり作るのはやっぱりプロの仕事なんだと思います。で、修正を求められた時に「え、聞いてないからできません」とか絶対に言えないし、状況によっては、「すみません」と言わざるを得ないこともたくさんあります。ゼロから作り直したからといって、手間賃がもらえるわけでもありません。だから、自由にできるからフリーランス、と思ってる人はなかなか厳しいんじゃないかなぁ、と思いました。好きなときに好きなように書きたいならブログやればいいんじゃないですかね、とかちょっとお腹黒めになってみました。

今、受注している仕事も最初にひな形がないままリスト化を命じられて、自分なりにフォーマットを作って進めてましたが、つい先日フォーマットを新たに作ったので、今までの分もお願いします! といわれました。相手を納得させるだけのフォーマットを私が作れなかったので、仕方ないのです。見切り発車だなぁ、とは思っていましたが、やっぱりそうだよねwwww となりました。ただし今回お仕事をいただいている方は、その旨「きちんとフォーマットを作らず始めさせてしまってすみません」というメッセージをいただけたので、面倒はあるけれど、とても気持ちは楽です。でもみんながこうとは限らないですよ。どちらかというとレアケース。。。

たしかに通勤がない、とか、好きなときにトイレ行けるとか(笑)、いろんなメリットもありますし、予定を入れたい日があれば、その日は作業しなくても済むように調整したりもできます。でも逆に空いてるはずだった日に作業を入れられることもあります。その時に「あ、今日は休む予定だったんでできません♡」とかはまぁ…無理なことが多いですねえ。よっぽどベテランさんで、その人ありきの企画とかならあり得るかな? 少なくても駆け出し~中堅にやっとなったくらいの私は残念ながら、♡マークを消して、「すみませんできればその翌日まででもいいですか?」と恐る恐るお伺いを立てるので精いっぱいです。でもどんな仕事もリリースのタイミングは決まっていて、だいたい余裕なんてなくなってるので、休みの予定なんてなかったことにして、仕事するしかないのです。最近は私もずぶとくなってきたので「その日はちょっと予定を入れてしまったので…少し猶予をください」くらいは言うときも出てきました。でも猿でもわかるデスマーチのときも多いので、言えないことのほうが多いですねー。立て続けに「ライター」「ライター」ってなってるブログを拝見したので、思ったことをつらつらと書かせていただきました。そういえば、20年って書いたけど、間に数年フルタイムだった時期があります。お仕事いただいていた雑誌が相次いで休刊、廃刊になり、やばい! と思って、派遣でお仕事してました。通勤はつらかったけど、退勤すればそのあとは仕事の心配を基本的にしなくていい! って素敵♡って思った記憶が(笑) でもやっぱり長年フリーランスだったので、めどが立った時点で戻りました。楽は楽ですね。そうやって考えてみると。でも13歳のハローワークだっけ? その本の「ライター」のところの記載はぼろくそだったので、一気に著者を嫌いになりました。誰でもなれる、って書いてあったぞたしか。ひでぇ。でもまあ名乗れば誰でも「フリーライター」ですよね。「フリーター」とあんまり変わらないですし。というのも私は紙媒体出身なので、ライティングだけやっていればいい仕事ってあまりなくて、ほぼ編集者のスキルも求められることが多くて、編集者って何でもやるハンドリング屋さんですしね…。最近はウェブの仕事も増えて、書いて送ったらそれで終わりの原稿とかあるけど、なかなかなれません。校正者さん通らないのってやっぱりどこか不安になります。

 

さて、話は変わって。ジャニーズWESTデビュー3周年おめでとうございます。まだ3周年なんですね。なんだか体感としてはもっと長い感じ。自担を応援し始めたのが2011年。一番長く応援しているタレントさんになりました。飽きっぽい私がここまで続くとはびっくりです。この前の静岡公演でも、やっぱり好きだなぁ、としみじみ感じました。 かっこよくて、かわいくて、ちょっと(いやかなり)ドンくさい。レギュラーのお仕事もなかなか追えなくなってるけど、気を引き締めなおして応援していこうと思います。デビューしてくれて本当にありがとう! といいたいです。このブログ書き終わったら、ええじゃないかの特典DVD見直そうかな。