互、頑、楽

日常をただ適当に(但しミーハー)

2018現場始めの覚書き

タイトルどおり。しかも初の現場で興奮したよね! 皇居での新年一般参賀

一時期某掲示板群の該当スレを延々とロムっていたこともあったけど、今はその板にそぐわない身の上になってしまったので(ありていに言うと独身になった)、最近はご無沙汰でございますが、久しぶりに観に行きたくなっているところです。それはさておき。高校は皇居周辺にあり、3学期の体育は皇居一周マラソンだったし、校歌には「大皇居(おおみかど)」とか出てきちゃって、甲子園で校歌が流れた時ネットがざわついたりした……。そんななのに参賀には行ったことがない不届きものだったので、今年こそは! と昨年参賀デビューを済ませている友人たちに連れていってもらって初体験してまいりました。

10時半東京駅丸の内中央口(地上)にて待ち合わせ。まっすぐに歩いていくと、もう人の流れが出来ていましたが、地下鉄の二重橋前駅の出口(閉鎖されていました)あたりから列に並びました。他にも大きな列はありました(桜田門のほうかな?)。あとから合流して、狭い門をめがけて殺到するので、なかなか怖かったです。ここで並んでいると、ボランティアの方々なのでしょうか、国旗を分けていただけました。ここからはずっと列になって、ディズニーランドのアトラクション列のようにちょっとずつ進んでいく感じです。じりじりと進んでいくと、テントがあり手荷物検査。コンサートのときの、「カメラ持ってますか」って聞かれるだけのチェックとは違い、ちゃんと鞄に手を入れてすみずみチェック。あ、そうそうここで手荷物のないひとはショートカットで先にぐんぐん進んでました。そして次はボディチェック。金属探知機なのかな?体の前後を機械で確認されました。そのあとは広場にどんどん整列させられ、前があくと先に並んでた列から移動を促される感じです。うまく表現できない…。たぶんここからは普段入れないんだろうなという門を過ぎたあと(ここの門を過ぎるまでがギュウギュウでちょっと怖かった)は軽い上り坂が続き、平らになったと思ったら、宮殿前広場という具合でした。私たちは11時50分のお出ましにぎりぎり間に合って、天皇陛下のお姿を観られなかったですが、お言葉を拝聴できました。そのまま心太方式に出口の方に流れるのですが、お姿が見られなかったので、退出の流れに途中までのって移動し、お出ましになる場所の正面でほどよい場所を確保。次の13時半まで待機することにしました。普段の現場と違い(当たり前)、男性が多いのと意外にも外国の方も多かったです。そして具合が悪くなって車いすで運ばれるご年配の方がちらほらといて、私たちの近くにも、立っていられなくなった方がいて、友人が体を支えたりしつつ皇宮警察の方に合図を送りました。あとから友人たちとも話していたのですが、皇宮警察の方々って、皇室の皆様をお守りされているからなのか、やわらかい雰囲気の方が多くてちょっと和みました。そして13時半のお出ましで、天皇皇后両陛下のお姿をしっかりと見ることができて、秋篠宮両殿下、眞子様もよく見える場所だったので、大満足でした。天皇陛下のお言葉は温かくて立ちっぱなしの疲れが一瞬吹き飛びました。

しかし! 終わった瞬間突然「ああ私って足が疲れてる!!」って体が自覚してしまい、退出門への道が長い長いw 東京駅方面の門(桔梗門??)は大混雑だったので、比較的すいていた(乾門かな?)門の方から出たのですが、結局東京駅方面と書かれていたルートの人も、私たちと同じ順路まで歩かされてたっぽいです。この辺疲れ過ぎてて自信ないです(汗

 

帰宅しながら観たネットニュースで平成で最高の参加者だったことを知りましたが、来年は天皇皇后両陛下としての一般参賀は最後だと思うので、もっとすごそう…。次行くなら今年の天皇誕生日一般参賀のほうがいいかな…と思っています。

 

あ、あと途中で砂利道を歩くので、ヒールのある靴は避けた方が無難です。ヒールのないペタンこパンプスで行ったのですが、それでも足はめっちゃ疲れたので、帰りの初売りで、スニーカーを買ったのは私です。そして最近スニーカーしかはいてない\(^o^)/ 楽過ぎて…。戻れない…。