互、頑、楽

日常をただ適当に(但しミーハー)

心の閑散期

最近、ヲタク熱がすごく下降しています。担当をテレビで観てるとなぜか辛くなる。同じグループの違うメンバーのほうが見れたりする。嫌いになったり、みると不快になるわけではなくて、なんかしんどくなります。これなんだろう…。担当になって8年目くらい、気持ちも落ち着くころなのでしょうか。そんな話を、親子ほど年齢の離れたかわいいお友だちにしてみたところ、「8年もなら、もう冷めたとかそういう次元ではないのでは」と言われて、まぁそうだよなぁ…とも思ったりした。でもヒルナンデス、めちゃ溜めてるしね…。なんだろう、しんどい。

 

話は変わって。

 

「オセロー」@新橋演舞場を観劇してきました。なんだなんだ神山イアーゴー最高じゃないか。主役はもはや君だ。そう思いながら観劇していました。どこか人間くさい悪者。企みは人として最低なはずなのに、それが成功しないと観ていて辛くなる。最後のシーンの解釈は自由なのだろか。イアーゴーびいきになってしまったのは神ちゃん故か。否か。表情が豊かなイアーゴーは、セリフがないときもイアーゴーとして生きていて、当たり前だけど、すごいな……と感動した。仕事がなければ、絶対増やしていたと思うので、後半に観劇で正解だったな……と思う。実際、せめてもう1回は観たかった。それくらい神ちゃんのイアーゴーはすごかった。次につながる仕事だったよね、と思った。担当の人はいかほど誇らしいだろう……。私もそんな気持ちになりたい。今の私は、どんどんレコーダーの容量を空けるマッシーンになっていて、とりあえず何かしら焼いてある、ダビング回数が9になってるものはほとんど消している。後から後悔するのかな。でも本体35時間、外付け85時間もDRで空けたのはいつぶりだろう。この後年末の歌番組特番に安心して向かい討つことができるなと思った。

 

でもって、次の現場はカウコン@京セラなのか、普通に年始からのツアーなのか。それも気になるところです。カウコンがあるなら、こんなに心が凪いでいても行きたいですしね……。普通に年始からのツアーなら、どうしたものか。横アリと…オーラス?そんな感じです。とりあえず、年末年始の大阪の宿は確保してるのですが、まあなんというか、おたく同士なら分かりあえる準備の仕方ですよね。ほほほ。