互、頑、楽

日常をただ適当に(但しミーハー)

いってきたよ松竹座遠征

約4年ぶりの松竹座に行きたい。というふわっとした動機で決めた「音楽劇マリウス」観劇の旅。金、土曜と行ってまいりました。今回もお安くできて往復のぞみ号+宿で22500円という破格のお値段。愛してますkinkiさん。ありがとうございます。

 

ということで新横浜から旅はスタート。

f:id:ysdkkmn:20180618002955j:plain

 

なんとドクターイエローに遭遇。びっくりして速攻で撮りました。わーい。よい遠征になりそうでテンションあがりました。

ジュニア時代の松竹座遠征では、ぷらっとこだまを使うことが多かったので、のぞみ号での移動が早くて感動的です。今回の遠征はツアーで知り合った年下のお友だちと一緒に行きました。最近、新しく知り合った方とのご縁がそのまま続くことが多くて、ありがたいです。娘がWESTというかジャニーズからほぼ降りてしまったので、同行するお仲間がいなくてさびしかったので本当に感謝です。

つつがなく新大阪に着いて、御堂筋線でなんばへ。

なんばでは松竹座時代から愛用している喫茶店に。少し奥まったところにあるので、ヲタクがこないためゆっくりできるのです(笑) ここで北海道2日目にご一緒したかわいいお嬢さんと落ち合い、しばし歓談。マシンガントークになってしまいちょっと反省です。テンションあがりまくるので注意が必要です。可愛い子は正義w

 

そして肝心のマリウスですが、本当に本当にすごくよかったです。昨年から引き続きの或る程度出来上がったカンパニーに、照史と西畑くんは飛び込んだ形だと思うのですがそんなことはみじんも感じさせない、完成度の高いカンパニーだったと思います。詳細は避けますが、照史の葛藤や切ない感情がとても強く強く伝わってきて、どちらかというと滝本美織ちゃんに気持が入ると思ってたのですが、照史に深く感情移入してしまいました。1930年代のマルセイユという舞台は、今の時代とは少し違う価値観なので、ああ今だったらまた違ったのだろうに……ともどかしくなりました。

そして、久しぶりの松竹座にも胸いっぱいになりました。通っていたころは、おそらく担当も私も必死だったよね…としみじみ。ガツガツ、ギラギラした部分がデビューしてしばらくたった今はさすがにほどよくおさまっているので、懐かしく感じました。もう4年なんですね。あっという間だった気がします。

夜ごはんは、予約しておいた豚肉にこだわったお店で舌鼓。お安いコースを予約しておいたので、そこまで期待してなかったのですが(失礼)、ほんとに大満足できる内容とボリュームでお腹いっぱいに。お酒を飲まないので、食事で満足できると嬉しいですね。以前、いかにもおしゃれ風なお店のコースを予約して大外れだった思い出があるので、今回は当たりでほっとしました。私の独断でお店を決めてたので(笑)

ホテルは淀屋橋から徒歩5分程度の場所にあり、移動も楽ちん。昔は心斎橋やなんばに泊まっていたので、もっと楽ではあったのですが、なにせお安いので文句は言えません。

 

2日目は昼公演です。11時半って早すぎる…orz その前にハルカスへ行かないかと同行の方に何度も誘われたのですが、ただでさえ11時半開演でも辛いのに、さらに早起きなんて絶対無理なのと、せっかく大阪で担当@「正義のミカタ」生放送を見られるのは貴重なので、申し訳ない…と思いつつお断りしました。私もデビュー会見後に訪れたので、気持ちはすごく分かるのですが、朝が辛すぎるので許して……です。

前日の夜公演では涙が出るほどではなかったのに、この日の公演は主役二人の気持ちが痛いほど伝わってきて、気付くと涙ぐんでました。まだ心は死んでなかった! 私! とか思ってしまいました(笑)

そうそう、買うかどうか迷ってたパンフレットを幕間に購入しました。ついついケチってパンフを買わないことも多いのですが、私はよほどこの公演が気に入ったようです(笑) ホントに大阪まで観にきてよかった…と思います。

帰りは新大阪駅構内のフードコートでだるまの串カツをいただき、各自お土産を買う時間で、たこ焼きを買いこみ、大阪を満喫した気分になりました。普段はホテル、松竹座、コンビニ、トリキを巡るだけだったのでw

そういえば、ドクターイエローですが、行きに途中の駅でも目撃し、帰りの新大阪でも遭遇。いったい何事でしょう……。オセローの当落がよい結果になりますように…。と幸運を祈るばかりです。