互、頑、楽

日常をただ適当に(但しミーハー)

えんせいにっき

行ってきました! 大阪遠征。SHOCK遠征です。ひゃっほう。

今更の遠征日記だよ!

今回は、限定列車とのことですが往復のぞみ号+宿=23600円という破格のツアーで行ってまいりました。まじ最高!(謎の深夜テンション)先月の甲子園遠征での定価のぞみ号往復よりお安いという……。オフシーズンなのかな? 秋の行楽には早いし。いずれにしても遠征民の強い味方です。普段は赤い風船にお世話になっているのですが、今回はkinkiさんにお世話になりました。しかも14時チェックイン、12時チェックアウト。まじで最高でしょ。淀屋橋駅から徒歩5分圏内で1階にはコンビニもあって大助かりでした。というわけで、早めのチェックインができるため、14時台に新大阪着ののぞみに乗り込んで出発。到着したらすぐに御堂筋線淀屋橋駅へ。駅からもわかりやすい道だったので、ぽてぽてと歩いてホテルに到着。チェックインすると、アップグレードしていただきなんとツインルームに! 往復のぞみ号正規価格よりお安いのに! 宿代どこにあるの状態のツアだというのに! ありがたすぎて泣けそうでした。しばらく部屋でのびのびと過ごした後に、メイクを直して出発。今回の旅でひとつ目標にしていたのが、うなぎ食べたい!という謎の食欲を満たすことだったので、せっかく関西にいるのに、東京鰻料理の店に入り早めの夕食。いつも遠征の時は食費をケチってしまうのですが、今回は豪勢にどどん!といただきました。

そしてぽてぽてとまた歩いて、梅田芸術劇場に到着。なんと2004年以来2度目でした。13年前とかまじかよ……です。ちなみに2004年は劇団☆新感線のロックミュージカル「SHIROH」の前楽、千秋楽を観に来ておりました。

1階16列サブセンという座席は、変態双眼鏡を使うとドアップになりすぎてしまうほどの近距離で開演前から挙動不審になってみたり。始まってすぐに文ちゃんの色気ダダ漏れにやられひたすら、文一を探す作業を行ってました。ただ、私のケツと梅芸の椅子が相性がよくなかったようで、1幕最後とカーテンコールのころはケツが痛くて大変でした。座長が階段落ちするのを観ながら、ああこれでやっと席を立てる…とか考えてしまって本当に不謹慎だと思いました。すみませんでした。幕間は開演前にはまるで考えてなかったステフォ購入のためにロビーに降りたのですが、文ちゃんの映りはいまいちで結局財布のひもは緩まず……。翌日に第2弾が出たようで悔しかったです……。

で、終演後またぽてぽてと歩いて梅田に戻ったわけですが、数年前のまだ嵐ヲタだったころの遠征で、梅芸と併設されてる阪急インターナショナルに泊まった時のことを思い出し、今日こそここだったら……と切なくなりました。あの時、羽田~伊丹往復+宿(阪急インターナショナル)で3万だったのは何かの間違いではないでしょうか…。安すぎる。バスルームだけで、狭めのビジホのシングルルームくらいありました。そういえば、あの時もツインにアップグレードされてた気がします。おそろしや。

 

ツインの部屋はやっぱり広々としていてですね…。ただ謎な造りで、ユニットバスも二つありました。もともとシングルだった部屋をくっつけたのかな? と思います。ただあの半分がシングルだとするとけっこう狭い……。深いことは考えないようにします。

 

翌日はチェックアウトぎりぎりまで寝て、起きてボヤボヤしたまま新幹線に乗って、家に帰ってきました。551の豚まんを連れて。特段何か記することもない遠征でしたが、下書きのまま溜まっていたのでアップします! 読んでいただいてありがとうございました。