読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

互、頑、楽

日常をただ適当に(但しミーハー)

劇ラヂ! 観覧にいった記憶を呼び起こすの巻

今、林翔太くんと高田翔くんの出演する、劇ラヂ! ライブの生放送観覧の募集がかかってますね。私もかつて参加したことがあるので何となくそのときの話を書きたいと思います。

 

◆応募方法は2種類だった(今回はどうなるか不明)

私がその観覧に気付いたときは、プレミアム会員の申込みは終了していて、誰でも申し込める数十人の枠にダメ元で申し込みました。プレミアム会員の申込みではなかったかもしれない、「申し込んだ動機」みたいなのを応募フォームで書かされた記憶があります。私の目当てももちろんジャニーズの出演者なのですが、そんな人だらけだろう…と思ったので、遠い昔に聞いたラジオドラマ何本かの思い出を書いた記憶があります。その記述があとでまた出てくるからびっくりです。

 

◆少クラ等とは違って本人確認ありだった

人数は100人程度で確認可能、生放送のスタジオに入るということもあって、当選のメール画面かプリントアウトと本人確認アイテムが必須だったと思います。最初にプレミアム会員の人たちが入り、その後に私たち二次募集?組が局内に案内されました。当選メールに番号が振ってあって、その順番に並んで入ったような気がします。そのときスタッフさんが持っていた名簿の備考欄に、応募動機が簡単に書かれていてびっくりしました。

 

◆席は自由に座れました

順番通りに案内されて入ったスタジオ内に並んだ観覧用いすは、特に番号が振ってあるわけではなく、入った順に好きなところに座っていきました。私は真ん中の方に分け入っていくのが面倒だったので、前にならぶマイクたちを見ながら、「担当はどのあたりに立つんだろう…」とムリな予想をしながら上手のはしっこに座りました。

 

◆途中入退場はできません

2~3つのお話をやるのですが、その間もトイレに行くため中座、とはいきません。事前に行っておくように案内されるので、私も大人しくトイレに並びました。

 

◆出演者と同じ廊下を通る(笑)

お手洗いを済ませてスタジオに戻る途中の廊下で、まさかの自担との鉢合わせ(笑)向こうはスタッフさんに先導されていたのもあったので、「あなたのヲタです。きました」という念をこめて、頷いたところ、向こうも「うむ」と頷き返してくれたよい思い出です(笑)

 

◆放送中は何だかんだ言ってこっちも緊張する

咳などしてしまったら、大変なことに!! と緊張しました。目の前にはマイクに向かって演技するタレントさんと、観覧席が向き合う形で並んでるので演技する自担をひたすらロックオンでした。他のお話も演技上手な俳優さんたちが並んでいて、聞きごたえというか見ごたえありました。

 

私はトイレから戻るときの、自担との遭遇で完全にテンパってしまい、他の演者さんたちのお話の間に、一生懸命気持ちを落ち着かせてたという噂もあります(笑)

 

思い出せたのはこんなものでしょうか。どなたかのお役に立てたら幸いです。