互、頑、楽

日常をただ適当に(但しミーハー)

距離が遠くても、大丈夫だった(エイトねたばれあります)

昨日、関ジャニ∞の東京ドーム公演最終日を観にいってきました。幾つか前のエントリーに書いた通り、笑ってしまうほどの天井席で気持ちが距離に負けてしまうんじゃないかと心配で仕方ありませんでした。事実、前年度も上段スタンドの上の方で参加して、ああ、なんか遠い…辛い…と思ってしまっていたので、今年も距離がさらに遠くなったし、もうダメかも。今年がエイトの現場納めになってしまうのでは……と自分自身を心配していました。

実際問題、音響が悪い席だったので、何言ってるのか分からなかったり、ユニゾンや簡単なハモリを皆で歌ってるときは、何と歌ってるのかも把握できなかったりしたんだけど、なぜか気にならなかったのです。すば子のスカート丈にハラハラしたり、倉子の性格の悪さと、尻の軽さに呆れたりしながらエンジョイです。そして本編最後の2曲、勝手に仕上がれ、と侍唄で完全に心臓を掴まれました。かっこよすぎて涙が出てきました。すばるの涙にもらい泣きした疑惑もありますが、とても幸せな涙が流れました。本当によかった。終演後は、エイトのファンやめてなくてよかった…。としみじみしながら、階段落ちに怯えての下山(笑)を果たし、無事帰路につきました。翌日が月曜なのでゆっくり食事したり…というのが難しかったので、ムスメとささやかに餃子の王将で打ち上げ(笑) 今日は身体じゅうが痛いのですがなぜなんでしょう…。そういえば、帰り道、最寄のバス停まで同じエイターさんがいて驚きました。本当にファンが増えたし、あちこち近くに同じようにエイターさんがいるんだなぁ、と。次はカウコン、そしてWESTの横アリかな? 横アリは立ち見の公演があるので、またしても身体中がなぜか痛くなる気がします……。グッズ列もあるしね…。そういえば、エイトは東京ドーム構内でもグッズ販売があるのがほんと神ですよね…。横アリ公演もあの外から中のグッズ売り場に入って、また出るあの方法なんとかならないですかね…。。。