読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

互、頑、楽

日常をただ適当に(但しミーハー)

24時間TVに向けて該当担がすべきこと #とは

twitter.com

 

今はほとんどジャニーズWEST担として生息しているけれど、エイトの1回目=2011年は特に力を入れて、2回目=2014年もほどほどに力を入れて臨んだので参考になるかどうかは謎だけど、とりあえず昔のmixiの日記なども掘り起こして書いてみることにします。

まずはHD容量の確保。24h分では足りません。直前1週間を中心に日テレのあらゆる番組に(大げさ)、メンバーはチャリTを着てゲスト登場します。直前番組、的なものもありますので、余裕を持って。そして翌日もZIPからevery.まで延々と関連番組は続きます。さらに(ジャニーズのタレントはほぼ映らないけれど)マラソンの総集編も月曜の夜に流れますね。ああ、書いててだんだん過酷さを思い出しました。

真夏の暑さの中、ギリギリの自転車操業をしているとHD自体が飛んでしまったりする恐れもなきにしもあらずなハードスケジュールを課すことになるので、温存できるときは温存(あっためたくないけど)しておいてあげましょう(2台ある人などに限られますが)。チャリTも発表済みではありますが、何かの告知やプチ発表で予告なしにZIPやPONに登場するかもしれません。完全に網羅したい人はもう毎日録っては消して、を繰り返すしかないのかも……。完全制覇を諦めると、とても気が楽になりますが、これは2回目のときの私でした。1回目は制覇を目指した気がするので、簡単にはお勧めできません(おすすめしたところで、という感じですよね)。各自頑張ってください。

 

番協・募金

正直言って、感動的なシーンやメンバーのちょっとした心配り、気遣いなどを目の当りに出来るのは、CM中の観覧だったりします。残念ですが。みなさんも記憶にないでしょうか。24hTVをみていると、サライのあの音楽とともに、いいところで余韻をぶった切ってCMに入るのを。そうなのです。ともに頑張ってきた皆とのパフォーマンスなどを終え、抱き合ったり、親御さんたちとちょっと話したりしているよいシーンを観られるのは番協(観覧)に入っている人たちだけなのです。今回はパーソナリティの人数が多い分、そういったサポーター的なスタンスでの取り組みをするメンバーも多いような気がしています。そのほうがテレビで観ていても楽しいので、該当担ではありませんが、今年の24HTV私も楽しみにしています。

エイトの2回を通して、幸運にも土曜、日曜どちらの観覧を経験したのですが、感動的でおもわずもらい泣きしてしまったようなシーンは、だいたいCM中になってしまうのを後から確認し、おおん……となったものでした。というわけで当日の番協への申込みを可能な限りおすすめします。ただし体力の消耗はハンパないので、体調に自信の無い方にはおすすめできません……。短時間の土曜日なら大丈夫かな?

 

ちなみにファミクラ枠は、(私の時はですが)親子でのご応募歓迎します\(^o^)/ になっていたので、当時小学生だったムスメと申し込んで当選しました。ただし、親子で入りたい!場合、両方ともFCに入ってることが条件でした。念のため(;´Д`)

日テレ枠でも、同行者を決めて応募します。こちらは絵が得意な友人がメインになって申し込んでくれたのですが、メンバーの似顔絵だけでなくその年のマラソンランナーの方の似顔絵も含めてハガキを作ってくれました。おそらく高倍率を潜り抜けたのは、この辺も理由なのでは…と思っています。今年なら大好きな担当やグループだけでなく、DAIGOさんが走っているイラストなどになるのでしょうか。

そしてここがポイントなのですが、2日目の集合時間は尋常ならざる早さでございます。朝6時台です。なので東京近郊在住の私と友人は九段下に近いホテルに前乗り(前泊)しました。始発に乗っても!だったのです。となると、いっそ遠征のほうが楽なのでは、と思いましたがファミクラでの事前引き換えがあったか……。

募金については、番組開始すぐの一瞬以外はほぼ、ジャニーズのタレントさんに受け取ってもらうことは難しいのでは…と観ていて思いました。が、こちらは募金で参加したかたの体験談におまかせします。

 

いずれにしても現地に行く場合は、自宅参加組と異なり、当日の事前番組から帰宅するまでテレビ(というかレコ)に触れない=編集できないので、やっぱり最初に戻って、どなたさまも「HDの容量をとにかく確保する」という結論に……。他にも書きたいことはあったような気がするのですが、それはまた別のエントリーにして続きを書くかも…。です。

ysdkkmn.hatenablog.com