読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

互、頑、楽

日常をただ適当に(但しミーハー)

担降りについて書いてなかった

ひとつ前のエントリーで、担降りについて書くとか言っておいて微妙に話がずれていったので、今度こそちゃんと書こうかな…と思います。今度こそ書けるといいんだけど。

 

※わりとハッキリとネガなことも書いている(追記/そうでもなかった)ので、嵐ファンの方はここでブラウザ閉じていただいた方がいいかもしれません(;'∀')ごめんなさい 私の思い切りの悪さに泣く。

 

最初に好きになったのは嵐でした。歌の上手な彼が担当でした。でもコンビ萌えとかよく分からなくて、周囲の人が言ってることがよく分からないなりに分かった振りしていた気がします。今振り返れば、いわゆる「山」と呼ばれてるコンビのやりとりが好きでした。ただしハッキリと苦手なコンビもありました。というのも、嵐から離れるキッカケになったのが、あるメンバーについて、私が苦手意識を持ってしまったから、というのがあります。その人が好きなヲタばかり集まった会に気付いたら参加してたこともあったくらいウッカリ適当にさまよっていたのですが、とにかく一度苦手意識を持ってしまうと、とことんダメになってしまうのが自分のよくないところであり、でもかなり強固な傾向なので、こりゃ嵐ファンでいるのがつらくなってくるかもなー、と思っていたら案の定でした。

同じグループ内に好きな人と苦手な人がいる、というのがなかなかに辛い状況でして、そんなところに無条件に楽しいと思えるエイトが自分の脳内に侵入してきたので、これ幸いと移行していった感じかもしれません。決定的だったのは初年度のアラフェスに幸運にも参加できたのですが、自分がとってもアウェイに感じてしまったことかなー。すでにもう関ジュに相当エネルギーを注いでいたし、エイトの味スタ直後だったのも一因だとは思うのですが、すごーく遠くから観察しているような感覚にとらわれてしまいました。結局なかなかライブに没頭できなかったので、ハッときづいたように、あぁこの国立を初体験して、これで担降りするんだな…と内心思ったのを記憶しています。ゴコイチには戻れなかった。それが最終的には担降りの原因です。

 

なので、担当だった彼が苦手になった、嫌いになったということはないのですが、積極的に彼の活動を追う余裕もないので、ぼんやりたまにテレビで観ると「おおー」と思って眺めたりしています。

 

完全に担降りしたっていうと、嵐の彼くらいかなー。

オンリーにはなれないDD体質です。お金は使わないけど(使えないけど)。